施術の基礎知識

目元に触れる人

種類や仕組みを知りたい

小顔矯正を行う場合には、その種類を理解しておいた方がよいですが一般的に筋肉にアプローチするものと骨にアプローチするものがあります。顔の筋肉は、20種類以上ありそれぞれが顔全体を動かす役割を果たしています。ただ、人間は生きていくうちにその人によってよく使う筋肉とあまり使わない筋肉に分かれてくるのが普通です。例えば、あごを頻繁に動かす人はエラが出やすいため小顔にはなりにくい傾向があるわけです。この時、筋肉を矯正することにより結果的に顔を小さくすることが可能です。これに対して、一般的に小顔矯正のイメージとして知られている骨ですがやはりに20個以上の種類が顔にあります。これらは、それぞれがばらばらになっておりわずかなすき間ができているのがポイントです。このすき間を減らすために、骨にアプローチをする方法が考えられます。上から圧力をかけて押しこむことで、骨と骨のすき間をなくし結果的に顔を一回り小さくさせることが可能になるわけです。これらの方法は、プロが行うとほとんど痛みがないのが特徴です。小顔矯正を整形クリニックで行う場合の仕組みは、筋肉にアプローチをする場合に関して言えばリンパをうまく流すことが重要になります。人間の体には、リンパが流れていますがこの流れが悪くなると老廃物がたまりやすくなりむくみの原因になります。足などがむくむことが多いですが、人間の顔も気が付いていないうちにむくみにより一回り大きくなっていることも少なくありません。これを解消させるために、マッサージをして筋肉をほぐすだけでなくリンパの流れを良くしてむくみを解消していくわけです。小顔矯正で骨にアプローチをする場合には、骨と骨のすき間が広がっていますのでそこを縮めていく形になります。ただ、これに関しては顔の骨がどのようにくっついており、どのあたりにすき間があるかを判断できなければなかなか難しいです。そのため、素人が行ってもうまくいかないだけでなく余計にゆがんでしまう恐れがあります。そこで、顔の骨について知り尽くしている美容整形クリニックのスタッフが行うことで、より良い結果を生み出すことは可能です。