顔を小さく見せる方法

顔に触れる女性

注射で顔が小さくなる

顔が小さく見えると、スタイルがよく、バランスがとれて見えます。そのため最近では小顔に憧れる人が増えています。顔を小さくする方法には、いくつかあります。顔に脂肪がついているならダイエットをすればそれだけも効果があります。そのほかの自分でできる方法としては、顔のマッサージによる小顔矯正があります。顔がむくみやすい人などでは特に効果が高く、インターネットや本などでもいろいろな方法が紹介されています。しかし、もともとそれほどむくみがない場合や、エラの張りなどを気にしている人では、マッサージだけでは効果が実感できない場合もあります。マッサージ以外で小顔にする方法には、美容整形があります。一つは、骨を削って小さくする方法が、そしてもう一つは、ボトックス注射によって顔を小さくする方法があります。骨を削る方法は、まさにあごの骨を削り物理的に顔を小さくするものです。この方法は、手術をすれば、半永久的に効果が続くというメリットがあります。手術するほど大掛かりな方法ではなく、もう少し気軽に小顔矯正をしたいという人にはボトックス注射という方法があります。小顔矯正の方法の一つであるボトックス注射は、手術などに比べて体の負担が少ないため、近年、利用する人が増えています。なぜ、注射で小顔矯正ができるかというと、エラの張りなどが目立つ原因の一つに筋肉が関係しているためです。顔の筋肉が発達していると、どうしてもその部分が目立ち、顔が大きく見える傾向があります。ボトックス注射をすると、薬の効果によって筋肉が細くなり、小顔になるのです。注射する量や部位は、医師が事前に診察をして決めます。希望や相談などがあれば、その時に伝えることもできるので安心です。また、注射をするだけなので、傷跡がほぼ残らないというのもメリットです。施術時間も短く、入院の必要もありません。料金も、あごの骨を削る方法に比べると安いクリニックがほとんどです。ボトックス注射の効果は個人差がありますが、だいたい半年から1年弱持続します。定期的に注射を行うことで小顔を維持することが可能です。また、矯正をやめたい場合には、注射をやめれば元の状態に戻すことが可能です。このように元に戻すこともできるので、試しにやってみて様子をみることができるのも、特徴の一つといえるでしょう。

医者

急がないで施術を進める

小顔矯正施術はリスクの少ない施術で人気ですが、それでも発汗などが出るなど副作用があるので、信頼できる病院を選びましょう。急がなければならない施術ではないので、カウンセリングなどを確実にこなし、リスクをなくしていくべきです。

鏡を見る女性

どんな施術なのか

整形クリニックでは小顔矯正の施術も行っています。もちろん対応をしているクリニックと行っていないクリニックがあるので、事前にしっかりと調べておくことも必要です。施術方法も選択できるようになっていると便利です。

鏡を見る女性

性格も変化する

安全に小顔矯正を行えるクリニックなのか確かめるために、医師がカウンセリングを行っているか調べる事を推奨します。アフターケアや再手術にかかる費用の違いを比べておく事で、対応の良さで満足できるクリニックを見つけやすくなります。

看護師

初めて利用するなら

小顔矯正をするということであれば、様々なサービスをきちんと比較することが求められています。様々なサービスがあるということは、大切なポイントになっています。それぞれの利点や特徴なども大きく変化していくことになります。

目元に触れる人

施術の基礎知識

小顔矯正を行う場合には、顔の筋肉をほぐしてリンパを流しやすくする方法があります。一方で、わずかに開いている頭がい骨のすき間を埋めるために圧力をかける方法があります。いずれも別々に行うのではなく同時にアプローチして小顔にするのがポイントです。